楽しい夢紀行 みんな旅に出かけようよ

プレミアム バンダイ

タミヤ本社 訪問記その5 歴史館 タミヤ躍進編 

IMG_3035S.jpg
タミヤ躍進の原動力になったパンサー戦車
歴史館 ここからタミヤがはじまる編でも書いたとおり、1950年代までは木製模型を販売していたが、外国製プラスチックモデルが輸入され始め、徐々に木製模型の売り上げが減少してきた1960年代初めに田宮模型もプラスティックモデルを販売したが思うような売り上げが上がらず、苦戦していた。1961年に多額の金型開発費を投入して社運をかけた製品を売り出した。
これがこのパンサー戦車で箱絵に小松崎先生が担当して、これがヒット商品になって田宮模型の経営が起動に乗り始めた。この記念すべき作品の箱絵はタミヤ本社通路に展示されています。
ちなみに今の1/35スケールがこの分野で定番になったのはこのパンサー戦車がたまたま1/35スケールで単二形乾電池が2本が入る設計のためこの大きさになったとの事です。
IMG_3038S.jpg
左からアメリカ陸軍M36駆逐戦車・ドイツ陸軍キングタイガー・フランス陸軍AMX-30ナポレオン中戦車が並んでいます。ちなみにこのナポレオン中戦車はタミヤ独自につけた名前で実際にはその名前の戦車はないです。
IMG_3040S.jpg
M41ウォーカー・ブルドッグ軽戦車があります。これは日本の陸上自衛隊にも配備されていた戦車です。M10駆逐戦車は砲塔がオープントップなので戦車兵には不評だったみたいですね。

IMG_3043S.jpgIMG_3044S.jpg
1/35 ミリタリーミニチュアサイズは、タミヤの十八番の様な製品で今日も近くの模型屋に行ったんですが、本当に多くのタミヤ製のこのサイズの製品が並んでいます。
IMG_3053S.jpg
デケー!ドイツ連邦軍のレオパルド2戦車でKMW社バーテル氏寄贈と書いてある。ちなみにサイズは1/10スケール。こんなの自宅に飾ってみたいが・・・たぶん・・・いや絶対無理だなw
IMG_3055S.jpg
2011年12月24日に発売された帝国海軍の一式陸上攻撃機の山本五十六連合艦隊司令長官搭乗機。離陸を見送る整備兵の人形12体付きと操縦士と副操縦士、機銃手に加えて、山本長官と偵察員の人形もセットされている。
1943年(昭和18年)4月18日に山本五十六連合艦隊司令長官がアメリカのP-38ライトニング戦闘機の待ち伏せ攻撃にあいブーゲンビル上空にて戦死を遂げた海軍甲事件の詳しい内容に関してはモッキーのお気楽プラモ道で確認してみてください。
IMG_3056S.jpg
1/32 航空自衛隊 F-4EJ ファントムIIは大きいなぁ~存在感抜群ですね。しかも空自仕様なのでこのマーキングは百里基地 第302飛行隊所属機だと思います。
090823-168S.jpg
2009年の横田基地 日米友好祭に展示されていた時の写真です。クリックすると日米友好祭の内容が開きます。
IMG_3058S.jpg
ランカスターやB-52があります。その上には1/50スケールの99艦爆や零戦などが並んでいます。
IMG_3061S.jpg
グラマン F-14A トムキャットで大きなプラモデルですね。タミヤ製は航空機が結構大きいのが売っていますね。大きいのは作りたいけど翼を広げると結構場所を取ってしまうので、つくるにはちょっと置き場を考えてしまいます。
歴史館を見るとタミヤの底力をマザマザと見せつけられてしまいますね。やっぱり世界のタミヤといわれるだけはあります。時間があればもっと眺めていたい感じはしますが、先を急ぐのでこの辺で次のフロアに足を進めます。
続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/30(日) 20:40:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
プレミアム バンダイ

タミヤ本社 訪問記その4 歴史館 ここからタミヤがはじまる編

IMG_3002S.jpg
世界のタミヤの歴史がぎっしり詰まった歴史館を見学しました。そこはもうプラモファンとしては聖地と言って良いほど素晴らしく、レトロな品物が数々展示されていました。
IMG_3001S.jpg
歴史館はちょっとオシャレな模型屋さんの様になっています。ディスプレイに展示されている商品の一つ一つにタミヤの魂がこもっている!
IMG_3003S.jpg
歴史館に入ってすぐにアイオワ級戦艦の2番艦。BB-62戦艦ニュージャージーと原子力空母エンタープライズが並んでいる模型が目に飛び込んできます。
IMG_3006S.jpg
1/50の戦艦三笠はデカイ!しかも精巧に出来ています。
IMG_3030S.jpg
1/180の重巡洋艦鳥海でこれは紙製で作られています。これもすごい出来です。
IMG_3011S.jpg
今は珍しい木製の模型です。
何故木製の模型かと言うと1946年に田宮商事を設立した時には模型メーカーではなく、建築用の木材加工販売の会社で1948年に木材の切れ端を使って木材模型の販売する木工部門を新設。木工模型は人気を集めて1953年に木工模型専業メーカーとして再スタートを切ったのがタミヤの原点なんですね。
IMG_3013S.jpgIMG_3019S.jpgIMG_3016S.jpg
今のタミヤの模型とは比べようもない出来ですが、それでも当時のお子様の心をゲットしたんでしょうね?モッキーも木製模型は知らないです。田宮模型がそれを作っていたことも初めて知りました。
IMG_3024S.jpg
タミヤアメリカ主催のモデルコンテスト「タミヤコン2005」ディレクターズチョイス賞を受賞した作品。作者はブライアン・ジョスリン氏。
1/350の戦艦ミズーリでの日本降伏調印式を再現したチョーーーーー力作です。
IMG_3024SS_20130626204830.jpg
1945年9月2日に戦艦ミズーリの2番主砲横に降伏調印用のテーブルが設けられてミズーリの乗員が見守る中でチェスター・ニミッツ海軍元帥・ダグラス・マッカーサー陸軍元帥など連合国軍高官や日本側代表としては重光葵外務大臣と梅津美治郎参謀総長などが出席して大日本帝国とし連合国に無条件降伏の調印を行い、長く悲惨だった太平洋戦争がここに終結した。
そんな歴史的場面が作りこまれている。感動の逸品です。 続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/26(水) 21:16:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
プレミアム バンダイ

タミヤ本社 訪問記その3 本社1階を散策 

引き続きタミヤ本社訪問記がダラダラ続きます(苦笑
さてタミヤ歴史館に行く前にもう少し1階フロアーを散策してみました。
お!ガチャンガッチャン何か動いている???
IMG_2986S.jpg
なになに!出来たてプラモデル差し上げます??
おー機械から次々とプラモデルが出てきます。記念にすかさず1個もらってきました。
IMG_2988S.jpg
サンプルでもらった割には良い出来していますね。こんなのが家に一台あれば色々作れるのに・・・なんて思ってしまうモッキーです!でも置き場に困るだろ!
IMG_2989S.jpgIMG_2990S.jpg
実車コーナーで本物のF1マシーンや名車の数々が展示されています。
IMG_2992S.jpg
モッキーの部屋もこう言うディスプレイでプラモデル飾りたいなぁ~結構コレクションには良いね
IMG_2997S.jpg
歴史館に向かう通路に色々な模型の絵が展示されていました。上田 毅八郎先生の紹介記事も掲示されています。
タミヤの「ウォーターラインシリーズ」をはじめとするボックスアートを描いているのでプラモファンなら目にされたこともあるかと思います。
IMG_2996S.jpg
上田 毅八郎先生の戦艦ビスマルク
IMG_2995S.jpg
梶田 達二先生の二式水上戦闘機。
IMG_2998S.jpg
小松崎 茂先生のパンサー戦車。タミヤの社運をかけた戦車プラモデル「パンサータンク」の箱絵を小松崎先生が多忙にもかかわらず描いてそれがヒット商品となり、その後のタミヤの経営が軌道に乗るきっかけとなったとの事。
IMG_2999S.jpg
アメリカ軽戦車M41 ウォーカーブルドック。平野 光一先生の作品です。
IMG_3000S.jpg
かおりさんと言う方からプレゼントされたテディベアの数々
こう言う癒し系の写真もちょっと載せておきます。
次回は歴史館を紹介していきます。 続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/22(土) 08:17:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
プレミアム バンダイ

タミヤ本社 訪問記その2 本社1階はプラモがイッパイ 

IMG_2968S.jpg
タミヤ本社の受付右手に商談スペースがあります。そこに大きな空母のプラモデルが展示されています。艦首に10と番号が記載されているのでCV-10ヨークタウンと思われます。
ミッドウェー海戦で沈没したヨークタウンではなくエセックス級航空母艦の2番艦として建造されたヨークタウン2代目です。艦載機も多く駐機していて、これほど大きな模型を展示するとはさすがタミヤ!
IMG_2969S.jpg
メッサーシュミット Bf109G-6で機体のマーキングを見ると空中戦での撃墜機数は戦史上最多のエーリヒ・ハルトマンの搭乗機と思われます。
ハルトマンは「僚機を失った者は戦術的に負けている」と考え彼の僚機として飛んだ仲間で一人も戦死者はいない。最多撃墜数より僚機を失わなかったことを誇りとしていた
IMG_2970S.jpg
さていよいよショールームに突入します。
ここからひたすらプラモの画像が続きます。興味のない方は読み飛ばして下さいね!
IMG_2971S.jpg
中央にIV号突撃戦車『ブルムベア』・II号戦車・ハノマーク D型 ロケットランチャー装備型『グランドスツーカ 』が並んでいます。
その下の段はやや年代が進んでドイツ連邦陸軍のゲパルト自走対空砲やイギリスのチーフテンは昔作ったことがあるなぁ~ちょっと懐かしい。一番下にはメルカバ やM1エイブラムスなどが並んでいます。
IMG_2973S.jpg
こちらは第二次世界大戦の戦闘車両が並んでいます。4連裝20mm対空砲装備のIV号対空戦車ヴィルベルヴィントやIV号戦車・III号戦車などが並んでいます。
その上には ティーガーII・マルダー対戦車自走砲の中にソビエトIS-2 スターリン重戦車の姿もあります。
IMG_2975S.jpg
中段にはSd Kfz 222やSd Kfz 232などの偵察装甲車やトラックなどが並んでいます。
IMG_2979S.jpgIMG_2981S.jpgIMG_2982S.jpgIMG_2984S.jpg
あまりにも模型が多すぎてとても紹介しきれません。とりあえず写真だけアップします。
IMG_2977S.jpg
なにかよくわからない!バイクのオブジェがあります。もしかして有名な方の芸術作品なのでしょうか?
今回はショールームのプラモデルを中心にお届けしました。
次回はもう少し1階を紹介してみます。 続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/15(土) 16:38:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
プレミアム バンダイ

タミヤ本社 訪問記その1 プラモの聖地はワンダーランド

IMG_2955S.jpg
2013年5月18日静岡ホビーショーでたっぷりプラモデルを堪能したモッキーはタミヤ本社に向かいました。
5月18・19日はオープンハウスでタミヤ本社を見学できるのです。見所満載のタミヤ本社はとても1回ではご紹介できないので何回かに分けてブログしていきます。
IMG_2965S.jpg
オープンハウスの看板。結構多くの人で賑わっていました。さすが世界のタミヤ。プラモファンが大集結している。モッキーもその一人ですけどね(笑
IMG_2958S.jpg
本社前には実車が展示されています。最初に目に留まったのがアメリカ製M561 ガマゴートは1.5 t非装甲6輪トラックでゴッツイ車体ですね。
救護車仕様なのでM792かもしれません。モッキーもこの車体は初めてなので詳しいことはちょっとわからないですけど!?しかし個人所有の車両と言うのが驚きですね。
IMG_2960S.jpg
M151フォードマット フォードモーター社がアメリカ陸軍および海兵隊向けに開発した軍用車輌
手前に写っているのがM151A1で1960年代の前期型で後ろに写っているのがM151A2で1970年代に開発された後期型になるようです。
IMG_2961S.jpg
やっぱり軍用車両だからとってもシンプルですね。
IMG_2962S.jpg
おお!~キューベルワーゲンが展示されている。ドイツ軍の軍用車両で間近でみるとカッコイイ!
これ!走るのかな??
IMG_2963S.jpg
モッキー的には是非これに乗ってドイツ軍の軍装に身を固めて走ってみたい。
絶対!注目度ナンバーワンになれる!
IMG_2964S.jpg
本社前の広場だけでもこれだけの展示物!中はいったいどうなっているのかワクワク
イザタミヤ本社の扉を通って初潜入!
IMG_2966S.jpg
次回は1階のフロアーを中心にタミヤ本社訪問記を書いていきます。 続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/08(土) 09:56:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
プレミアム バンダイ

静岡ホビーショーレポートVol.6 世界のタミヤ編

IMG_2866S.jpg
2013年に開催された第52回静岡ホビーショーレポートも最後になります。最後を飾るのはやはりタミヤかな?世界のタミヤと言われ完成度の高い製品を世に送り続けています。
良い作品がいっぱい並んでいます。モッキーも鼻息荒くしながらアチコチで写真をパシャパシャ
IMG_2873S.jpg
7月発売予定の1/32エアークラフトシリーズ ヴォートF4U-1コルセア バードケージ
逆ガル翼のフォルムが格好が良く、モッキーの好きな機体ですね。
IMG_2868S.jpg
全長318mmの結構大きな製品になりますね。部品点数多いなぁ~ワクワクしちゃう。
IMG_2869S.jpgIMG_2870S.jpgIMG_2871S.jpgIMG_2872S.jpg
主翼は折りたたんだ状態と展開状態を選べるみたいです。カウリングを外した状態でエンジン構造を見せるのもまた良いですね。
モッキー的には是非挑戦してみたい製品ですね。
IMG_2874S.jpg
手前がアメリカM109自走砲でベトナム戦争時仕様になっています。奥が帝国陸軍の一式砲戦車と随伴歩兵セットですね。
IMG_2875S.jpg
1/48 EA-18G グラウラーはF/A-18Fスーパーホーネットをベースにした電子戦機
電子戦機とはジャミングと言った電子妨害を行い、敵のレーダーを無効化して味方の行動を支援する為の特殊戦闘機
IMG_2876S.jpg
1/35 M110A2 203mm自走榴弾砲はアメリカが開発した自走砲で航空機で空輸が出来るようにコンパクトに作られている。最大射程は21,300mと長射程で敵に大口径砲弾を叩き込む。
アメリカ陸軍からは退役しているが日本を含め多くの国で採用されている。
展示されているのはドイツ軍だが、陸上自衛隊富士学校のマーキングもあるそうです。

IMG_2877S.jpg
スタンドルーペPROは1.8倍マルチコートレンズつきで視野が広くゆがみのすくない大口径非球面レンズは模型作成に最適な卓上ルーペです。
17,640円と値段もPRO級

IMG_2878S.jpg
1/32~1/72までの各種零戦が展示されています。ちなみに1/32シリーズ零戦五二型は中坊の頃作ったなぁ~
かなり昔の話だったが・・・こだわる事もなく簡単に作ったなぁ・・・下手だったなあ(汗

IMG_2881S.jpg
1/25シリーズのT-34 Type85と駆逐戦車ロンメル
・・・駆逐戦車ロンメル???そんな戦車あったっけ???
どう見てもヤークトパンターじゃん??
調べてみたら昔にヤークトパンターって覚えにくい名前だからわかりやすく親しみやすい名前で「駆逐戦車ロンメル」と名づけたそうだ!だから実際の戦場でロンメル戦車と言うのは存在しなくて田宮模型独自の名前だそうです。

IMG_2882S.jpg
1/25 パンサーA型
こうやって見ても1/25シリーズはでかいなぁ~存在感抜群の大きさ。飾るには困るけど(汗
デカールはドイツ3種類と自由フランス軍で展示されているのは自由フランス軍ですね。
IMG_2884S.jpg
最後は陸上自衛隊の10式戦車(ひとまるしきせんしゃ)
陸自の最新鋭戦車で90式戦車に比べて小型軽量化されたが主砲に44口径120mm滑腔砲は90式より威力がある。
草原での大規模な戦車戦は発生しにくい今は都市部でのテロなどのゲリラ戦の方がより現実的で脅威ですね。
それに対応した最新鋭陸自戦車は頼もしい存在です。
そうそう2013年4月27日幕張メッセで行われたニコニコ超会議に安倍首相が乗って手を振っていた戦車は
この10式だったなぁ・・・こちらも頼もしい存在ですね。
さて次はそのタミヤ本社に見学した時の写真を載せますので乞うご期待して下さい。 続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/05(水) 20:10:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
プレミアム バンダイ

静岡ホビーショーレポートVol.5 やっぱり飛行機はハセガワだね編

IMG_2905S.jpg
2013年5月18・19日に開催されました第52回静岡ホビーショーのレポート第5弾です。
今回はハセガワブースに関してのレポートです。やはりハセガワと言えば飛行機ですよね!多くの航空機が展示されていました。でも飛行機以外もしっかり展示されていましたのでまずはそちらから見ていきましょう。
IMG_2908S.jpg
会場で一番目立つ所に展示されていたのは1/450の戦艦大和で1945年第2艦隊旗艦として多くの資料を元に最新の考証を盛り込んだ最新作でパーツ数を抑えて初めてプラモデルを組み立てる人にも安心の親切設計になっているみたいですね。
IMG_2938S.jpg
IMG_2910S.jpg
1/350シリーズで日本海軍 軽巡洋艦 矢矧 "天一号作戦"と2013年7月21日頃発売予定の日本海軍 軽巡洋艦 能代 レイテ沖海戦です。
戦艦大和と共に沖縄特攻に出撃した矢矧とレイテ沖海戦に出撃した能代で共に阿賀野型軽巡洋艦の2番艦(能代)・3番艦(矢矧)で水雷戦隊旗艦用軽巡洋艦(乙巡)として建造されたが水雷戦隊を率いる場面がほとんどなく、時代は航空機を中心としていたが対空火器が貧弱で25mm三連装機銃4基、同単装機銃10基を追加装備した。
能代はレイテ沖海戦で矢矧は天一号作戦の坊ノ岬沖海戦で共に航空機の空襲にて戦没している。
別売ディテールUPパーツをつけてかなり良い感じの仕上がりになっています
IMG_2922S.jpg
こちらも1/350シリーズで大和と共に沖縄に出撃した日本海軍 甲型駆逐艦 雪風とレイテ沖海戦で大和を中心とした栗田艦隊に撃沈された護衛空母ガンビアベイです。
ちなみにガンビアベイはモッキーのお気楽プラモ道で製作していますので良かったらこちらも合わせてご覧になってください。
IMG_3383SM1.jpg
IMG_2915S.jpg
IMG_2913S.jpg
ハセガワはマクロスシリーズに結構力を入れています。VF-1 バトロイド バルキリーやVF-1S ストライク バトロイド バルキリーなどのTV版『超時空要塞マクロス』や劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の機体をはじめ、マクロスゼロで登場するアクティブ アーマード VF-0SやSV-51γ ノーラ機などが展示されています。
IMG_2911S.jpg
"マクロスプラス"のYF-19 前進翼の独特な機体フォルムはちょっとカッコイイですね。
IMG_2917S.jpg
IMG_2918S.jpg
「マクロス7」の劇中に登場した大型レーダードーム装備のVE-11 サンダーシーカー(早期警戒機)
“SVAW-121 ナイトストーカーズ”
レーダードームのドクロマークもまた良いデスね!カッコイイ!
IMG_2921S.jpg
懐かしのウルトラマンシリーズ
手前は帰ってきたウルトラマンで出てくるマット ビハイクル・中段がウルトラマンの科学特捜隊のジェットビートル・その後ろがウルトラセブンのウルトラ警備隊に出てくるウルトラホーク 1号とウルトラマン世代には心惹かれてしまう逸品ですね。
IMG_2931S.jpg
何かと話題にのぼってしまうMV-22Bオスプレイは2013年7月20日頃発売予定。
デカールに第265中型ティルトローター飛行隊で普天間基地所属機もついている。押さえるところはしっかり押さえるハセガワさん!
IMG_2932S.jpg
ヘリつながりでもう一機で1/48シリーズ AH-64Dアパッチのオランダ空軍スペシャルでチャフ・フレアディスペンサーポッドなど新規レジンパーツを追加しています。塗装がオレンジ色がなんともオランダと言う感じ。でも実際の戦闘だとオレンジ色は目立つのでは??
IMG_2936S.jpg
プレイステーション2用フライトシューティングゲーム『エースコンバット』に出てくる。
1/72 Su-33 Yellow 13とF-22 メビウス1です。
とは言ってもエースコンバットやっていないし・・・良くワカリマセン!
ふと部屋の後ろを眺めるとありました『エースコンバット5』・・・ゲーム買ったけどやっていなかった(汗
IMG_2926S.jpg
1/32 ハインケル He 219 「ウーフー」夜間戦闘機
夜間戦闘機部隊の天敵であったモスキートを撃墜するなど高性能だったみたいですね。
斑点の塗装めんどくさそー!でも1/32スケールだから結構大きいね
IMG_2928S.jpg
1/72 リパブリック F-105 サンダーチーフコンボセットの隣にあるのが、1/72 キ109 (特殊防空戦闘機)”飛行第107戦隊”で四式重爆撃機「飛龍」に75mmの高射砲を装備してB-29の邀撃機として開発されたが高高度性能不足のためたいした戦果が出なかった残念な機体だね。
だいたいB-29に対して劣速だから追撃はできないのでより高空からダイブして一撃を加えるしかないと思うけど、これだけ大きい機体だと小回り利かないだろうし、大体B-29より高い高度にたどり着くまでどれだけ時間がかかるのだろうか?結局アイデア倒れの機体で本土決戦の対上陸用舟艇用に温存されたみたいだけど、圧倒的に制空権を握られているから、戦場にたどり着く前に簡単に撃墜されてしまう様な気もする。

IMG_2930S.jpg
まだこちらの機体の方が活躍したね!1/32シリーズ 雷電21型のずんぐりした機体は日本機としては不細工な姿なのであまり好きじゃないんですけど、高高度性能と敵機に追いつく速力、そして重防備の爆撃機を一撃で落とす大火力を備えるとやはりこの形になるんでしょうね!
しかもデカールが、海軍第302航空隊(厚木飛行隊)の雷電隊は、東京に侵入するB-29爆撃機迎撃で最も戦果をあげた飛行隊。しかも終戦のとき小園安名大佐は徹底抗戦を唱えて反乱をおこした厚木航空隊事件の部隊でもある。
IMG_2934S.jpg
でけー!アメリカレベル社製の1/48スケールのB-29スーパーフォートレス。
日本本土を焦土と化した憎き機体だけど、ここまで洗練された作りになるとむしろ美しくさえ思える。
作りたいけど、さすがに飾れない!大きすぎて・・・汗
ハセガワさんはモッキーにとって一番多く作っているメーカーですね!すごく作りやすいし、ディテールにもこだわっている。大好きなメーカーです。 続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/01(土) 19:52:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソニーストア 送料無料 FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)  FUJIFILM X-T1 AKB48・SKE48・NMB48特集ページ